地震対策|学校

怪我のない避難を促す――学校の地震対策

ロッカーや窓ガラスなど、学校の中には地震が起きた際に脅威となるものがたくさんあります。これらは転倒したり暴走したりすることで、そのものが“凶器”になるだけでなく、逃げ道を遮断する“障害物”にもなります。こうした脅威から就学した子供たちの身の危険を守り、適切な避難を促すため、早めの地震対策が必要です。

東京地震防災では、地震による家具や家電、什器などの転倒・暴走・落下を防ぐアイテムの取付施工を承っています。子供たちの尊い命を守るため、ぜひ早急な地震対策をご検討ください。

学校で地震対策の必要性

学校で地震対策の必要性

ダ下駄箱やロッカー、本棚、ピアノなど、地震にともなって転倒・暴走したり、収納していたものが落下したりすることで、児童や生徒だけでなく、教員にも被害がおよぶかもしれません。

当社では地震や防災に精通した専門のスタッフが学校へ現場調査にうかがったうえ、施設の状態や設備の配置などに合わせて最適な地震対策をご提案しています。学校は、大切な児童・生徒を預かる施設であるとともに、震災時には多くの地元住民が集う避難場所にもなるところ。そのため、学校内の安全確保は必要不可欠です。

このようなもの・場所は対策を!
校内設備
ピアノ オルガン エレクトーン テーブル
道具箱 下駄箱 壁掛け時計 ロッカー
掃除用具入れ 本棚 エアコン 窓ガラス
職員室設備
コピー機 冷蔵庫 テレビ 放送機材
薬品棚 デスク(机) デスクトップパソコン 観葉植物