地震対策|住宅

大切なご家族の命を守る――住宅の地震対策

大地震が起きた際、ご家庭においては家具や家電などの転倒・暴走・落下は非常に大きな危険となります。実際、多くの方が就寝中の時間帯に発生した「阪神淡路大震災」では、命を落とした方のほとんどが家具・家電による圧死だったというデータもあるほどです。これは、大地震への備えが十分でなかったために起きてしまった結果かもしれません。

東京地震防災では、地震による家具や家電、什器などの転倒・暴走・落下を防ぐアイテムの取付施工を承っています。大切なご家族の命を守るため、住宅での地震対策をお早めにご検討ください。

住宅で地震対策の必要性

住宅で地震対策の必要性

住宅における地震として、とくに恐ろしい時間帯が、就寝中(夜間~明け方)です。寝ているときは誰しも無防備なもの。その状態で大地震が発生し、周りの家具や家電、飾っているものなどが転倒・落下してきたり、窓ガラスが割れて飛散したりしたら、身を守ることは非常に困難です。

また、運よくケガを免れたとしても、寝室から逃れて屋外に出る際に、家具や家電、割れた窓ガラスが避難を妨げ、逃げ遅れてしまうケースも考えられます。いざというとき、こうした危険にさらされないためには、あらかじめ適切な地震対策が欠かせません。住宅は家族全員が安らぐための場所です。これから先も安心して暮らせるよう、住宅内の安全を見直し、家族の命を守れる体制を整えることをおすすめします。

このようなもの・場所は対策を!
住宅設備・家具
タンス 食器棚 本棚 ガスコンロ
テレビ パソコン プリンター 電子レンジ
壁掛け時計 窓ガラス 冷蔵庫 洗濯機
ピアノ 照明器具 暖房器具(ストーブ) 大型の観葉植物